楽しい!私のバストアップ対策

楽しい!私のバストアップ対策

出産してから想像していたよりもバストが小さくなってしまい、バストアップ対策をしてみようと決意しました。

 

出産前はDカップぐらいあったのですが、ハリがなくなりしぼんでしまい、今はBカップに近いCカップぐらいです。

 

とても辛いです。

 

出産したからといって女性に変わりはないので、女性らしいメリハリのあるボディを目指したいと思っています。

 

食生活では大豆製品や乳製品を積極的に取り入れるようにしています。

 

昔からこのような食べ物は好きなので、あまり苦になりません。

 

また時間の空いた時に、バストアップ体操をしたりなどしています。

 

一日に10分ぐらいの体操でそれほど疲れないですし、継続しやすいですね。

 

子供がいるのでなかなか時間をとるのが難しいのですが、こうした簡単な体操だとできます。

 

またバストアップサプリを飲み始めました。飲んで一ヶ月ぐらいですが、胸がふわりとして肌がしっとりとしてきました。

 

これは期待できそうだなと感じています。少しだけサイズがアップしたんですけど、このまま継続したら、きっとDカップになれるのではととても楽しみにしています。

 

色々な方向でバストアップするように努力していきたいですし、絶対に女性らしい理想のボディになりたいと思います。

バストアップは食事をメインに考える

 

バストを大きくするためには、きなこ牛乳が有効であると聞きました。

 

これは乳脂肪を材料に含んでいる牛乳に、大豆イソフラボンが含有しているきなこをトッピングするという方法です。

 

大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似たような働きをする事が分かっていて、これがバストの乳腺に刺激を与えてバストに脂肪分が集まって大きくなるという考え方になります。

 

なので、大豆食品全般が有効なのですが、食事の際には豆腐や納豆などを主に摂取するようにして、食事の合間などにきなこ牛乳をいつも飲むようにしています。

 

ただ、問題になるのはタンパク質はバストアップに有効なのですが、摂取量が多すぎると肥満になってしまうと言う事です。

 

確かにバストも脂肪なので大量の脂肪を摂取することが有効であると考えられるのですが、バストが大きくなって、アンダーの部分も大きくなってしまうと意味が無いように感じます。

 

周りから見てただのおデブな人になってしまうと、バストを大きくした意味が無くなると思うのです。

 

なので、肥満にならない事が絶対条件であり、太らないような感じでバストだけよいサイズに入りするという方法が1葉になってくるのです。

 

その為に、食事でタンパク質をうまく摂取する事を考えています。